カラコンの取扱いについて

RODEO(ロデオ)カラコン

Rodeo(ロデオ)カラコンTOP>>カラコンの取扱いについて

【取り扱い方法】

カラーコンタクトレンズを使用する前に必ずお読みください。
注意事項を理解して安全に装用しよう!

【カラーコンタクトの基礎知識】

カラ-コンタクトの装用はあなたの眼に眼障害を引き起こす可能性があります。

日本眼科学会のアンケ-トによると、眼球に装用する各種コンタクトレンズ等により、年間150万人が眼障害患者になっており、これは使用者の10人に1人が眼障害を起こしている計算になります。

各種レンズ等を装用した際に眼に異物感や痛みを感じた時には、速やかに専門の眼科医に相談してください。

また、必ず以下の注意事項をお守りください。

1.購入前に必ず専門の眼科医の検査、処方を受ける事

2.決められた装用時間(期間)を厳守する事

3.例え眼に異常を感じていなくても3ヶ月に一度は定期検査を受ける事

4.適切な製品ケア及び眼のケア(点眼、マッサ-ジ等)を行う事

【正しいレンズ装用までの流れ】


装用前に

・眼やレンズをキズつけないように爪を短く切り、丸くなめらかにしてください。

・レンズを触れる前は、必ず石けんで手や指を十分洗い、 石けんが手や指に残らないようによくすすいでください。

・ハンドクリ-ムや化粧品などが手や指についていない事を確認してください。

レンズの確認

・レンズを取り出し、レンズに変形・変色・異物・汚れの付着、キズ・破損などの異常がない事を確認します。異常が確認された場合レンズの購入先にご連絡ください。

レンズの付け方

・利き手の人差し指の先にレンズをのせ、レンズの裏表を再度確認します。

・レンズをのせた手の中指で、下まぶたを下にひっぱり、しっかりおさえます。

・もう片方の手の人差し指で上まぶたを上に引き上げ目を大きく開けます。

・まっすぐ前をみたまま、人差し指にのせたレンズの黒目の上にそっとのせます。

・レンズが黒目に正しくのっていることを確認し、ゆっくり指をはなします。

・何回か軽くまばたきをします。

【カラーレンズを外した後の正しいケア方法】


・目やレンズを傷つけないように爪を短く切り、丸く滑らかになっている事を確認にしてから、手、指を石けんできれいに洗い、充分にすすいで石けんが指に残らないようにし、清潔なタオルで指から拭き取ってください。

・人さし指でレンズを黒目より下にずらし、レンズ下方約半分が白眼の上にのるようにします。

・親指と人さし指のはらでレンズの下方を軽くつまんで取り出します。

・レンズケ-スにケア用品を満たし、手を石鹸で洗い、はずしたコンタクトを手のひらに載せ、ケア用品の液を3~5滴落として約10秒間こすり洗いします。

裏面も同様にケア用品の液を3~5滴落として約10秒間こすり洗いします。
(爪を立てないように気をつけてください)

・レンズの表面をケア用品の液ですすぎ、表面の残留物を充分に取り除きます。液を満たしたレンズケ-スにレンズを入れ、レンズがケ-スからはみ出ていないかを確認し、キャップをしっかり閉めて4時間以上放置します。

※洗浄方法は、お使いの洗浄保存液の取り扱い説明書をお読みの上、ご使用をお願い致します。

・レンズを装用すると、涙液状のタンパク質・脂肪などがレンズに付着したりレンズを指で触ることにより、汚れが付着したりします。レンズを外した後は、ソフトコンタクトレンズ用の保存液で洗浄・保存し、常に清潔を保つようにしてください。

・レンズのお手入れを怠ると、レンズに汚れが蓄積したりカビや細菌が繁殖し、レンズの劣化を早めたり、変形・変色の原因になります。

・レンズのお手入れに関するご相談はお近くの眼科医、または専門の指導員にご相談ください。

【注意事項】


カラ-レンズをご使用の際には以下の事を必ず守ってご使用ください。

・装用したまま海またはプ-ルへは入れません。

・装着したまま寝てはいけません。

・レンズに爪を立ててはいけません。

上記の注意事項をよくお読みになったうえでご使用ください。